医療マッサージと鍼灸ですべり症の悩みを解消
KEⅰROW江東潮見ステーション
保険適用 自宅で治療できる

すべり症ってなに

私たちの背骨は、専門用語で脊柱と言います。脊柱は頸椎、胸椎、腰椎、仙椎と尾骨の椎骨によりできています。骨盤から上の五つの椎骨が脊柱中で一番大きい腰椎で、上半身の体重を承ってから、椎骨も他の椎骨より大きくなっております。この椎骨たちは、靱帯、椎間関節、椎間板により連らなり一本の脊柱になります。人類は他の哺乳類動物より、立位になって生命活動しているから、毎日腰椎の負担がとっても大きいです。若い人の強いスポーツ活動や、アスリートの過度な訓練や試合などの酷使により靱帯や椎間板・椎間関節の怪我、肥大、骨折など発生し、椎骨間の連結がずれを発生します、これは、「すべり症」、または「腰椎すべり症」と言います。

illust3020-e1472534003177

すべり症の原因は

若者の成長期の過度な運動やアスリートの酷使により怪我や疲労性骨折が原因です。又は、中高齢者の場合は、運動不足や加齢により靱帯、椎間関節の強さの低下によりもすべり症発生のもう一つの原因があります。

5f8aa80b

すべり症の症状は

すべり症は、腰椎の間の距離が普通以上に離れることやまたは、逆に椎間関節の間が狭くなったりすることで、このような背骨のずれにより体の支える機能に異常が発生し、色んな症状を表しています。腰痛、足のしびれ、長距離で歩くと腰と足の突然の痛みで歩くことができなくなり、ちょっと休めば、症状が緩和となり、これは「間歇性跛行」と言います。

 または、脊柱管や椎間板間が狭くになると神経が圧迫され、腰や脚の痛み、しびれ、知覚鈍麻、運動麻痺、場合により頻尿、残尿感など膀胱の異常も表れます。

しかし、すべり症になったでも、すべての人が症状が出るわけではなく、まったく症状出ない場合もあります。

86b12d0d

すべり症の診断

すべり症の診断は、X線や、CT、MRIなどの精密検査が必要ですが、臨床症状もあれば、診断が確立です。

14121438_TP_V

すべり症の治療

すべり症の症状が全くなく、尚且つ日常生活や仕事に支障がなければ、治療する必要がありませんが、腰痛や脚のしびれなど症状が出た場合は、湿布、コルセットの装着、痛み止め薬、血行促進薬などの保守治療と外科手術的な治療の方法もありますが、麻酔の失敗や神経の切られなどの医療事故や高齢者、持病など手術に思わしくない場合もあります。

もう一つ保守的治療方法は、東洋医学などの治療法があります。痛いときに鍼で、筋肉の緊張を緩め、お灸で血行促進など伝統的な治療法があります。何千年の治療経験でその効果を信じって今でも沢山の人が利用されています。

img_0

すべり症は、脊柱を作る椎骨間の距離が緩み、それにより腰痛や、足の痺れるなど一連の症状が表れます。

東洋医学の力で
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-403-916 0120-403-916
受付時間:9:00~18:00
Access

江東区周辺を対象に訪問マッサージに伺い生活の質を高めるためのお手伝いをしております

概要

店舗名 訪問医療マッサージKEiROW 江東潮見ステーション
住所 東京都江東区枝川3-3-8-202
電話番号 0120-403-916
営業時間 月~金 9:00~18:00
土曜日 事前予約により施術致します
定休日 土曜日・日曜日
対応エリア 江東区・江戸川区・中央区・墨田区・足立区

アクセス

江東区にある訪問マッサージステーション・KEiROW 江東潮見ステーションにご依頼をご検討の際には、ご来店不要でご利用のご相談をすることができます。疾病や老化による筋力低下等に対する質の高いリハビリを行いたい場合には、ぜひご相談ください。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事