高齢者が特に新型コロナ肺炎に予防すべき
KEiROW 江東潮見ステーション
訪問鍼灸・マッサージ・リハビリ

高齢者が特に要注意すべき

肺炎は、主に細菌やウイルスなどの病原微生物により肺が侵される病気。肺炎には、感染源を吸い込んで発病する「細菌性肺炎」「ウイルス性肺炎」「真菌性肺炎」などの感染性の肺炎と、「薬剤性肺炎」「アレルギー性肺炎」などの非感染性の肺炎などの複数ある。今、世界中で大流行している新型コロナ肺炎は「ウイルス性肺炎」に属しますが、特徴として伝染力がとても強いこと、治療して一回陰性で治したでも、再び再発し、特に高齢者に重篤になりやすく、死亡率も一番高く見られると報告されています。

東洋医学の力で免疫力を高める

新型コロナ肺炎の主症状

今まで経験したのない倦怠感、のどの痛み、せき、発熱、胸痛、呼吸困難 などがありますが、但し、個人差があり、まったく無症状の方もたくさん見られます。

治療で一回ウイルス検査で「陰性」となり、臨床上治したと判断されでも、再び再発し、「陽性」となる場合もたくさん見られています。

 

kuchikomi1007_TP_V

高齢者には注意が必要です

①高齢者は症状が出にくい、微熱、元気がない、ぼんやりとした表情など、いつもと違う様子が見られたら肺炎を疑い、すぐに医療機関に受診すべき。

② 高齢者が肺炎にかかると重篤な状態になりやすい、死亡率も高い。ワクチンによる予防接種、手洗い、マスクの着用、うがいなどをすすめて予防に努めます。

kaigo_family

治療法

薬物療法:抗ウイルス剤、せき止め薬、ひどい場合はステロイド剤の使用、合併症の予防に抗生物質との併用も必要です。

中国では、漢方薬を患者さんに投用し、非常にいい結果が報告されています。

補助療法として、全身の栄養状態の改善や脱水への処理としての点滴、たんが出にくいときの薬と吸引の使用、低酸素血症に対する酸素療法などを行う。人工呼吸器を必要とする場合もあります。

14121438_TP_V

日常生活の留意点

*マスクの着用と手洗い、人混みの多い所を避けます。

*十分な睡眠、消化のよい食事を摂り、免疫力を高めるように配慮しましょう。

*室内は、適切な温度と湿度を保ち、アルコールスプレーで噴射または部屋の換気をしましょう。

*新型コロナ肺炎予防のため、早めの検査と発熱外来の対応をしっかりしている総合病院で受診することが重要です。

zubotty19420DSC_9315_TP_V
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-403-916 0120-403-916
受付時間:9:00~18:00
Access

江東区周辺を対象に訪問マッサージに伺い生活の質を高めるためのお手伝いをしております

概要

店舗名 訪問医療マッサージKEiROW 江東潮見ステーション
住所 東京都江東区枝川3-3-8-202
電話番号 0120-403-916
営業時間 月~金 9:00~18:00
土曜日 事前予約により施術致します
定休日 土曜日・日曜日
対応エリア 江東区・江戸川区・中央区・墨田区・足立区

アクセス

江東区にある訪問マッサージステーション・KEiROW 江東潮見ステーションにご依頼をご検討の際には、ご来店不要でご利用のご相談をすることができます。疾病や老化による筋力低下等に対する質の高いリハビリを行いたい場合には、ぜひご相談ください。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事